Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Both sides previous revision Previous revision
20160831:h28年度第1回人流物流金流ネットワークとその周辺研究会_共催 [2016/08/27 03:05]
akihiro
20160831:h28年度第1回人流物流金流ネットワークとその周辺研究会_共催 [2016/08/27 03:06] (current)
akihiro
Line 1: Line 1:
 +====== H28年度第1回人流物流金流ネットワークとその周辺研究会 ======
  
 +  * 日時:2016年8月31日(水)
 +  * 場所:統計数理研究所セミナー室2(東京都立川市緑町10-3)
 +  * http://​www.ism.ac.jp/​access/​index_j.html
 +  * 主催:統計数理研究所共同利用研究集会「人流物流ネットワークとその周辺研究会」(27-共研-5006) 代表 京都大学 佐藤彰洋
 +  * 共催:科学研究費補助金(B)「システミック・リスクと社会経済システムのレジリエンスに関する研究」(26282089)代表 中央大学 有賀裕二
 +  * 事前申込不要、参加費無料
 +
 +===== プログラム =====
 +
 +==== 8月31日(水) ====
 +
 +** 開催の挨拶 11:​00~11:​10 **
 +
 +  * 佐藤彰洋(京都大学)
 +  * 有賀裕二(中央大学)
 +  * 田村義保(統計数理研究所)
 +
 +** 11:​10~12:​30 午前 座長:田村義保(統計数理研究所) **
 +
 +  * 11:​10~11:​50 *佐藤彰洋(京都大学,​ 科学技術振興機構),​澤井秀文(情報通信研究機構)「世界航空機ネットワークの津波脆弱性に関する研究」
 +  * 11:​50~12:​30 *福本和泰(株式会社航空総合研究所)「国際旅客流動の将来像-航空機とクルーズ船-」
 +
 +** 12:​30~13:​30 昼食 **
 +
 +** 13:​30~14:​50 午後1 座長:有賀裕二(中央大学) **
 +
 +  * 13:​30~14:​10 *入江徹(大化物流開発)「モノをデータ化し、どの様に利用しているか。そして今後の展望」
 +  * 14:​10~14:​50 *間島 隆博(海上技術安全研究所),​小坂 浩之(海上技術安全研究所),​小林 和博(東京理科大学)「海上輸送による国際コンテナ流動」
 +
 +** 14:​50~15:​00 休憩 **
 +
 +** 15:​00~16:​50 午後2 座長:佐藤彰洋(京都大学) **
 +
 +  * 15:​00~15:​40 *有賀裕二(中央大学)「国際価値論と投入産出ネットワーク分析」
 +  * 15:​40~16:​10 *藤井琢也(和歌山大学国際観光学研究センター)「世界観光統計の普及 -和歌山大学学生によるUNWTO Tourism Highlights 2016の翻訳協力-」
 +  * 16:​10~16:​50 *内山仁(国土交通省)、佐藤彰洋(京都大学)「交通・観光・農業の横断的連携」
 +
 +** 16:​50~17:​00 閉会の挨拶 **
 +
 +  * 佐藤彰洋(京都大学)
 +  * 有賀裕二(中央大学)
 +  * 田村義保(統計数理研究所)
20160831/h28年度第1回人流物流金流ネットワークとその周辺研究会_共催.txt · Last modified: 2016/08/27 03:06 by akihiro
CC Attribution-Share Alike 3.0 Unported
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0